上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.31 老子さま~~
次女、昨日の夜からの熱により幼稚園お休みです。
今日は幼稚園で「卒園アルバム」用の個人写真撮影が予定されていたんですが・・・残念ながら次女は日を改めて。

もう、「卒園アルバム」の写真撮るんだな~~って思うとなんだか寂しくなります。
次女は今、元気でテレビを独占中。「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」観てます。
「ドク」の髪型が好きみたい。頭の側面にだけ白い髪がフワフワついている人。←でも主人公はマーティーだよ~


NHKの「100分で名著」欠かさず観てます。

夏目漱石の「こころ」・・・・深かったです~
アインシュタインの「相対性理論」に関しては理解したような・・・・してないような・・・・???

そして今「老子」やってますよ~
51lrllZeIrL__AA160_.jpg

ワタシ、「孔子の論語」が心に響いて、子供にも「子供のための論語」っていう本を買ってあげたりしてたんですが、この「老子」を観たら
「ワタシ、孔子よりも老子のほうが好きかも~」って一気に老子ファンに。

スマップなら草なぎ剛
JYJならユチョン
ザックJAPANなら今野
みたいに「どうしてそこを選ぶの??」って人から思われるワタシのような方は絶対「老子派」だと思います。

孔子は「得意のときに読む」
老子は「失意のときに読む」
といわれるように悩んでいたり、チョッと社会から外れちゃったときに「それでも大丈夫よ~~」って思わせてくれるのが老子です。

富については
「人は常に満足してはならない。満足したら進歩が止まる。常に1歩先を追い求めるのがいい」←孔子

「足るを知る者は富む(肥大化する欲望を抑え現状の充足(満足)を知ることで心が豊かになる)」←老子
こんな感じであってますでしょうか??
とにかく二人の考えは正反対。

41uMvCjVZQL__AA160_.jpg←この本を読んで勉強してます。

「孔子」を読んで日々前向きに頑張って、でもチョッと疲れちゃったときや落ちこぼれちゃったときに「老子」を読んでマッタリ休息。そしてまた「孔子」・・・って。
そんな流れで生きたいです。

51rVMQOHpyL__SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA160_ 41fMEHETK7L__SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA160_

↑ドリアン助川さんの著書は是非読みたい
極端に言うと「コレで~いいのだ~~」=老子
だそうです。

スポンサーサイト


この本を予約して待っている間にテレビ(NHKか民放か忘れたけど)でこの方々の特集やってましたね。
パパが観てて、「こんな職業もあるんだな~」って言ってました。

海外で亡くなったご遺体は移送の際、航空機内の気圧の関係で9割以上が体液漏れを起こすらしい。
遺体の処置もきちんとしたライセンスがあるわけでもないので日本についたときはすぐに家族に見せられない状態の遺体もあると。海外でキチンと遺体処置してくれない場合が多いんですね。
日本に着いた後、体液漏れや、傷口が開いたままの遺体をきれいに処置して、できる限り本人に近い状態でご家族と対面させる。それがお仕事です。
そして、できるだけ海外での遺体処置をきちんとしてもらえるように世界中の国・その病院に呼びかけるのも大切なお仕事です。

本は、海外で交通事故にあって亡くなった男性の話から始まるんですが、コレを読むと「日本の遺体を扱うときの心配りって凄い」って思います。

何でも「気配り・心配り」なんですよね~

遺体は物じゃないから。その体を心から待っている家族がいるし。

この国際霊柩送還士のお世話になる方は本当に少ないと思うけど、私はニュースで「海外旅行中の事故・○名死亡」とかいうのを聞くと、この国際霊柩送還士を思い出します。
2013.04.10
図書館の予約本の順番が回ってきました
40番待ちだったかな~
このタイミングで順番がまわってくるなんて・・・・
北朝鮮のミサイルのニュースを見ながらこの本を読むとなんか複雑

やっと24年間の生活を公にできたんですね。公にできなかった理由もキチンと書いてあります。
帰国したときの様子はテレビで観てましたが、その裏側にそんなことがあったのか~って
北朝鮮で生まれた子供達が安全に生活できる為には自分の気持ちをいかようにでもコントロールしようとする蓮池さん。そして奥さん。
守らなければならない存在を持つ親は強し。

この本は蓮池さんの人間性からなのか文章力なのか、言葉は良くないけどなぜか「未知の世界を知ることへのワクワク」を感じながら読んでしまいます。
24年間生活して感じてきた北朝鮮がありのまま書かれていて、どの人が言うより本当の内情を見ることができます。
2013.03.13
北 杜夫
この前NHKドラマでやってましたね~
どくとるマンボウが好きで以前図書館から借りて読んでました。

斉藤茂吉の息子さんで、
自身、精神科医ながら躁鬱病持ち・・・・・株で失敗などなど

この方の人生は本当に面白くて、家族に愛された人生だったんだな~って。おもいます。

41DPPKSK4KL__SL500_AA300__convert_20130313141243.jpg
ダーリンは外国人でおなじみの小栗様。
夫が語学堪能でありながら、英語をできない。というか必要ない。
語学は独学で覚えるもの!!っていうポリシーを持つ夫ダニー。
潜入ルポ的な感じで色んな英会話教室に通って、その感想を書いてるんですが・・・・・
小栗さんの性格(めんどくさがりや??)が邪魔してなかなか自分にあった英会話教室が見つけられない・・・・
世の中には色んな英会話教室があるのね~~って涙が出るほど笑い倒しながら読める本です。
暇なときに読むには最適~~
2012.11.05 日々勉強
最近、「また??」って感じで、子供達の勉強について悩んでました。

先日長女、漢字のテストがあったそうで、結果80点以下で再テスト。

その日帰宅後
→「漢字のテスト再テストなんだ~(笑)」っていうから
アタシ→『再々テストにならないように頑張ってね~」って言ったに

まんまと次の日再テストで合格できなくて「再々テスト決定

再テストが決まってからも何も勉強しなかったんだって~
それも、再テストの用紙見たら・・・・・・最初のテストと問題が全く一緒。
だから、間違ったところだけでももう一回見直していけば合格できるはずのテストなのです。

速攻でアタシが全く同じ問題を手書きして自作問題で勉強させました。
(そしたら再々テストで100点だった~って喜んでた←遅いですけど


再々テスト合格後反省会・・・・・・
本人曰く「勉強をやる時間がない」と・・・・・・・


考えてみると勉強をする時間がないってのは正解です。
毎日放課後、遊んで帰ってきて、帰ってくるともうお風呂とご飯・・・・・・かろうじて宿題する時間があるくらいで即寝です。

だからといって「放課後遊んじゃダメよ」なんて言えない・・・・。

で、色々本を読んで検討。

 しっくりきたのがこの本。

陰山英男さんの考えには賛否両論あるみたいだけど、基礎的な考え方はワタシや子供にあっていると思う。

まずは子供と一緒に「時間管理」をすることから考えてみようかと・・・・・

やりたいことが多くてなかなか時間を作れない長女だけど、隙間時間ってあるもんで、その隙間に勉強を加えることにしました。コレには長女も賛成~

長女はこの本に書いてあった「スケジュール管理」も自分でやってみるって言ってます。

大好きな「少女時代」のスケジュール帳を使って1日の生活スタイルを決め、1ヶ月の予定管理と短期・長期の目標設定もするとか・・・・・・・本当にできるのかい??って思うけど、本人に任せてみようと思ってます。何事もやってみないとね~

やってみることでなにかわかることがあるかもしれないし・・・・・・

この本には「時間管理」以外にもなるほどね~って思ったこともあったので、チョッと実践してみようかと思います~
それには、ワタシの生活スタイルの見直しも必要なんだけど・・・・・・←頑張ってみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。